ヒツジ、ときどき着物コモノ

甘さ控えめな、ヒツジ小物と着物コモノ <ひつじ電信別館>

2017-11

ガラスストーンの帯留@ドイツヴィンテージ

再度のご紹介になりますが、西ドイツ時代のガラスストーンの帯留めです。

RIMG5331.jpg
ブルーのラウンド25ミリくらい。

RIMG5335.jpg
白のラウンドは20ミリくらい。

写真だとわかりづらいんですが、金色がランダムに入ってます。
これ、全部入り方が違うので「個体差」と言っていいほどいろいろ。

そしてピンクのオーバル。
RIMG5332.jpg

装着するとこんな感じ。
RIMG5333.jpg

帯留め初心者さんでも使いやすい大きさかと。
2017年4月29日&30日開催の「キモノコモノ市in小松」に出します。
イベント詳細は金沢のアンティーク着物ショップ・畳世さんをご覧ください。

シンプル ガラスストーンの帯留め

最近作ってる、ごくごくシンプルな帯留めたち。

RIMG5078-2.jpg

どちらもドイツヴィンテージのガラスストーン。

RIMG5075-2.jpg

こちらは右下がドイツヴィンテージ。
左上はジャパンヴィンテージのガラスストーンとビーズを使用。

最近、着物屋さんに見てもらう機会がありまして、おかげでいろいろ試行錯誤してます。
来年の「着物コモノ」に反映できればよいなぁ、と思いつつ。
(微妙な色・・・写真で出すの難しいなぁ)

ヴィンテージスワロの帯留@自家用

久しぶりに帯留を作りました。

今回は自家用なので、以前からほしかった紫でまとめてみました。

RIMG4785.jpg
 
ガラスストーンはすべてスワロの60年代&70年代ヴィンテージ。
3ミリのチェコビーズは現代物。
ちなみにちょっと幅のある半幅帯につけてこんな感じ。

RIMG4784.jpg

もう一つ作ったのはこちら。

RIMG4783.jpg

中心のオクタゴンはスワロフスキーの50年代ヴィンテージ。ゴールドメッキがちょっとくすんでよい感じ。
マーキスは70年代のもの。
チェコビーズを透明に近い色にしたので、派手すぎず、使い勝手がよさそう。

来年のキモノコモノでも、これくらいのサイズを作りたいなーと考え中。


ガラスストーンの帯留 その3

その1&その2でご紹介した帯留はゴージャスすぎ!
とか、帯留初心者の方にお勧めなのがこちら。
RIMG3703-2.jpg

かなり小ぶりですが、ヴィンテージスワロとビーズを使った帯留。これはもう、ブローチ感覚ですね。ちなみに、ボリュームはこんな感じ。
RIMG3699.jpg

もう一回り大きいこちらも、キラキラが密でないので、使いやすいかと思います。
RIMG3704.jpg

すべて、本日10月10日より開催の「着物コモノ市~秋 ころころたわわ~」に出展してます。
詳しくはキモ連ブログ、またはギャラリー世田谷233までどうぞ!

ガラスストーンの帯留 その2

引き続き、ヴィンテージストーンを使ったゴージャスな帯留をご紹介

RIMG3725-2.jpg

その1で紹介したものより小ぶりなんですが、重量感はこちらのほうがたっぷり。
ツルンとしたガラスはジャパンヴィンテージですが、カットの入ったものは60年代ヴィンテージのスワロフスキーを使用。
このパッケージの物、好きで使うんですが50年前とは思えないほどきれいで、逆に落ち着きが出ていて良い感じです(^^

ちなみに厚みはこんな感じ。
RIMG3723.jpg

あ、隙間の白いビーズは芥子パールです。
ちょっとゴージャスなので江戸小紋とか、おしゃれな絞りでも良いかもしれませんね。
華やかなポイントに、いかがでしょうか?

他にこんな色も・・・
RIMG3724.jpg

いずれもヴィンテージパーツをふんだんに使ってます。

«  | ホーム |  »

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

ボウシェイバー

Author:ボウシェイバー
手紡ぎ&羊雑貨を作るBow Shaverです。
羊アクセサリーと、「キモノコモノ連」という企画展用に製作している着物コモノを紹介します。
なおブログ内の文章、写真の無断転用はご遠慮ください。
→本館・ひつじ電信

カテゴリ

Bow Shaverについて (1)
キモノコモノ連について (1)
雑記 (11)
羊アクセサリー (21)
ジオラマシリーズ (16)
帯留 (18)
羽織紐 (5)
イヤリング・ピアス (11)
その他 (27)
未分類 (2)
袋物 (3)

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: