ヒツジ、ときどき着物コモノ

甘さ控えめな、ヒツジ小物と着物コモノ <ひつじ電信別館>

2015-03

キモノコモノ連について

2007年に立ち上げた「キモノコモノ連」は同じギャラリーをベースとする作家の、企画チームの名前。

ちょっとクールでかっこよく、時には面白く、着物にもジーンズにも使えるような小物の提案。

その発表の場が2年に一度開催する「着物コモノ展」。
ボウシェイバーは企画の立ち上げと、現在はコーディネイター兼作家として参加。
時には作った物を身につけて試したり、時にはイベントに合わせて着物を着たい人のサポートをしたり。

その根底にあるのはキモノの敷居を低くしたい、という気持ち。
もちろん若い人のキモノブームはあると思うけど、みんながみんなアンティーク着物好きでもないし、むしろもっとジーンズ感覚で楽しんで欲しい。だから最初は家で眠ってる着物でも、誰かの借り物でももいい。
「着てみたい!」と思ったら「とりあえず着てみようよ!」
そう言える受け皿になるべく日々活動中。

ちなみに2015年は10月に本展の予定。
詳しくはキモノコモノ連ブログ、もしくはギャラリー世田谷233のスケジュールを参照。

こちらもどうぞよろしくお願いいたします。

RIMG2506.jpg

Bow Shaverについて

ボウシェイバー 新井ひでです。
普段は羊の毛を洗って、紡いで、編むことをメインにモノづくりをしてます。

それがなぜアクセサリー?

答えはイロイロあって・・・

一つ目。
羊毛を紡ぐ人を「スピナー」というんですが、当然ながらスピナーさん、羊好きが多くいらっしゃる。
羊を見たり食べたりはもちろん、羊柄のグッズを買うのも当たり前。だけど案外ないのが羊アクセサリー。
「それじゃあ」と作り始めたのがきっかけと言えば、きっかけ。

二つ目。
着物を着るようになって十年ほどですが、基本的に普段着レベルの楽な着物を着ることが多し。
特に飲み会の席なんかでは思いっきり遊べる小物が欲しいなぁ・・・と思って作家仲間にお願いしていたのがきっかけ。
その辺の詳しい話は「キモノコモノ連について」に譲るとして・・・

三つ目。
そんな和装小物を作り始めた矢先に出会ったのがビンテージビーズ、そしてガラスストーン。
ビーズってキラキラしてるもの、という先入観を見事に打ち破るマットな色彩と手仕事感の残る質感。
経年を感じさせない、けれどどこかレトロ感のあるパーツはまさに和装小物にうってつけ!

というわけで、深みにはまって増えてしまったアクセサリーや和装小物を紹介するために開設したのがこのブログ。
キラキラも乙女らしさもない、むしろ甘さ控えめな物ばかりですが、面白いと思っていただければ一興かと思います。
イベント出店や委託は羊毛メインになってしまうのですが、決まり次第「雑記」カテゴリーで紹介していくつもりです。

それと本館であるひつじ電信では羊や日常、もうひとつのツールであるプリントゴッコについてつづっていますので、ご興味のある方は覗いてみてください。

よろしくお願いいたします(^^

RIMG2929.jpg

«  | ホーム | 

FC2Ad

まとめ

 

プロフィール

ボウシェイバー

Author:ボウシェイバー
手紡ぎ&羊雑貨を作るBow Shaverです。
ここでは、「キモノコモノ連」という企画で製作している、樹脂やビンテージビーズを使ったアクセサリーと着物コモノを紹介します。
→本館・ひつじ電信

カテゴリ

Bow Shaverについて (1)
キモノコモノ連について (1)
雑記 (11)
羊アクセサリー (21)
ジオラマシリーズ (16)
帯留 (14)
羽織紐 (5)
イヤリング・ピアス (9)
その他 (22)
未分類 (1)

最新記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: